ベトナムの蚊よけスプレーと蚊よけクリーム

今年のハノイは、デング熱が例年に比べ2倍以上流行しています。
去年までは、周囲でデング熱にかかった人を見かけることはあまりなかったのですが、今年は自分の身の回りでも、ちらほら感染して入院したりする人が出てきています。
感染すると高熱や筋肉痛等に襲われて、回復に1週間程度を要します。
また、2回かかってしまうと、場合によっては重症化することもあるため、できればかからないようにしたいところです。

デング熱は蚊を媒介して感染します。
日本から持ってきていた蚊よけスプレーを切らしてしまったので、ベトナムで買えるものを探したところ、ロート・メンソレータムベトナム社が出している、Remosという蚊よけスプレーと蚊よけクリームを見つけました。

f:id:ryo-report:20171008223121p:plain

Remosは、ベトナムの薬局で売られています(ベトナムには個人商店のような薬局が街中にたくさんあります)。
下の表のように、容量や香料の種類が少しずつ違います(薬局によって品揃えにバラツキあり)。
価格はお店によって若干異なるのでおおよそです。

f:id:ryo-report:20171008223613p:plain


どちらも使用してみましたが、スプレーの方が手軽に使用できる一方、クリームは成分が周囲に拡散しないので吸入してむせこんでしまうということがなく、割と使いやすいです。
どちらも、使用してみると確かに蚊にさされることがほぼなくなったので、効果はあるようです。

蚊よけスプレーの主要成分はディートという化学物質で、数年前まで日本では最高濃度が12%までしか認められていなかったため、Remosの15%より低かったのですが、昨今のデング熱やジカ熱などの発生により、日本でも昨年6月から最高濃度が30%まで認められるようになりました。
それに伴い、従来品に加え、ディート30%含有の新製品が登場しています。

【第2類医薬品】ムヒの虫よけムシペールα30 60mL

【第2類医薬品】ムヒの虫よけムシペールα30 60mL

 
【第2類医薬品】プレシャワー30EX 80mL

【第2類医薬品】プレシャワー30EX 80mL

 
【第2類医薬品】医薬品 サラテクト リッチリッチ30 200mL

【第2類医薬品】医薬品 サラテクト リッチリッチ30 200mL

 


デング熱は今までワクチンがありませんでした。
しかし、最近ようやくワクチンが開発され、ブラジルやタイなどでは既に承認されているようです。
ベトナムも来年承認予定のようです。
デング熱ワクチン、18年にも国内販売へ=保健省予防医学局 - ベトナム ニュース ライナー [Vietnam News Liner] | 社会


ただ今のところは、ベトナムで予防接種が可能となるまでもう少し時間がかかりますので、それまではRemos等でできるだけ蚊に刺されないようにするしかなさそうです。


Remos TVC 2016 - Bảo vệ da, muỗi bay xa!

・関連記事