ハノイのベトナム人向け日本食と日本人向け日本食

ハノイには日本食屋さんがたくさんあります。
正確な数は不明ですが、優に100は超えます。
日本食屋さんにもいろいろあって、大きく2種類に分かれます。
日本人客をターゲットとしたお店とベトナム人客向けのローカル店です。
今回は2種類の違いについて、ざっくり比較してみました(もちろん例外もあります)。

f:id:ryo-report:20170911000810p:plain


日本人向け日本食店は、個人的な印象として大幅な店舗数の増加は感じませんが、従来の個人経営のお店だけでなく、最近は牛角や千房など、日本でも有名なチェーン店が少しずつ進出してきています。
一方、ベトナム人向け日本食屋さんは、富裕層・中流層が最近増えてきたことと、親日国であるということもあり、最近増加傾向にあります。

出張や観光などでハノイを訪れた際には、敢えて日本食屋さん、それもできればベトナム人向けローカル店に足を運んでみるのも面白いかもしれません。