ブレグジット(英国のEU離脱)発動文書の日本語訳(その3)

前回前々回に続き、今回もイギリスのEU離脱文書の日本語訳の続きです。
今回で完結します。

原文:
v. In particular, we must pay attention to the UK's unique relationship with the Republic of Ireland and the importance of the peace process in Northern Ireland

The Republic of Ireland is the only EU member state with a land border with the United Kingdom. We want to avoid a return to a hard border between our two countries, to be able to maintain the Common Travel Area between us, and to make sure that the UK's withdrawal from the EU does not harm the Republic of Ireland. We also have an important responsibility to make sure that nothing is done to jeopardise the peace process in Northern Ireland, and to continue to uphold the Belfast Agreement.


日本語訳:
v. 特に、英国とアイルランドとの特有の関係、そして北アイルランドにおける平和プロセスの重要性に注意を払わなければならない

アイルランド共和国は、英国との国境に接する唯一のEU加盟国です。我々は、両国間に国境管理が再導入されることを避けて、両国間の共通通行区域を維持し、英国のEUからの撤退によって、アイルランド共和国に損害が与えられることのないようにしたいと考えています。我々はまた、北アイルランドの平和プロセスを危険にさらすことは何も行われていないことを確認し、引き続きベルファスト合意を維持し続ける重要な責務を有しています。

原文:
vi. We should begin technical talks on detailed policy areas as soon as possible, but we should prioritise the biggest challenges

Agreeing a high-level approach to the issues arising from our withdrawal will of course be an early priority. But we also propose a bold and ambitious Free Trade Agreement between the United Kingdom and the European Union. This should be of greater scope and ambition than any such agreement before it so that it covers sectors crucial to our linked economies such as financial services and network industries. This will require detailed technical talks, but as the UK is an existing EU member state, both sides have regulatory frameworks and standards that already match. We should therefore prioritise how we manage the evolution of our regulatory frameworks to maintain a fair and open trading environment, and how we resolve disputes. On the scope of the partnership between us – on both economic and security matters – my officials will put forward detailed proposals for deep, broad and dynamic cooperation.

日本語訳:
vi. 具体的な政策分野についてはできるだけ早く技術的議論を開始すべきだが、最大の課題に優先順位を付けるべきだ

我々の撤退から生じる問題に対して、高次元でのアプローチに同意することは、当然のことながら、早期優先事項になります。しかし、我々はまた、英国とEU間の大胆かつ野心的な自由貿易協定を提案します。これは、金融サービスやネットワーク産業などの、我々の不可分の経済にとって不可欠な分野を網羅するよう、従来のどのような合意よりも広い範囲と野心を持つものであるべきです。これには詳細な技術的議論が必要ですが、英国は既存のEU加盟国であるため、英国とEUは、既に調整ずみの規制枠組みと基準を持っています。したがって、公平でオープンな取引環境を維持するための規制枠組みの発展についてどのように管理し、争いをどのように解決するかということを最優先にすべきです。我々の間にあるパートナーシップの範囲(経済的および安全保障上の両問題)において、私の高官は、深く、幅広くそしてダイナミックな協力のための詳細な提案を提出する予定があります。

原文:
vii. We should continue to work together to advance and protect our shared European values

Perhaps now more than ever, the world needs the liberal, democratic values of Europe. We want to play our part to ensure that Europe remains strong and prosperous and able to lead in the world, projecting its values and defending itself from security threats.

日本語訳:

vii. ヨーロッパの価値観を促進し、保護するために引き続き協力するべきである

多分今まで以上に、世界は自由で民主的なヨーロッパの価値観を必要としています。我々は、欧州が強く繁栄し、世界をリードすることができ、その価値観を投影し、安全保障上の脅威から自衛することができるよう、英国も我々の役割を果たしたいと考えています。

原文:

The task before us

As I have said, the Government of the United Kingdom wants to agree a deep and special partnership between the UK and the EU, taking in both economic and security cooperation. At a time when the growth of global trade is slowing and there are signs that protectionist instincts are on the rise in many parts of the world, Europe has a responsibility to stand up for free trade in the interest of all our citizens. Likewise, Europe's security is more fragile today than at any time since the end of the Cold War. Weakening our cooperation for the prosperity and protection of our citizens would be a costly mistake. The United Kingdom's objectives for our future partnership remain those set out in my Lancaster House speech of 17 January and the subsequent White Paper published on 2 February.

日本語訳:

我々の目の前の課題

先ほど述べたように、英国政府は、英国とEUの深く特別なパートナーシップに、経済面及び安全保障面の両面の協力の両方を取り入れつつ同意したいと考えています。 グローバル貿易の成長が減速し、保護主義の傾向が世界の多くの地域で増加する兆候が現れている時に、全市民の利益に叶うよう、欧州は自由貿易のために立ち上がる責任があります。同様に、今日の欧州の安全保障は、冷戦終結以来、最も脆弱です。市民の繁栄と保護のための協力を弱めることは、高くつく誤りです。我々の将来のパートナーシップのための英国の目標は、1月17日の私のランカスター・ハウスでの演説と、それに続く2月2日に発表された白書の中で示しています。

原文:
We recognise that it will be a challenge to reach such a comprehensive agreement within the two-year period set out for withdrawal discussions in the Treaty. But we believe it is necessary to agree the terms of our future partnership alongside those of our withdrawal from the EU. We start from a unique position in these discussions – close regulatory alignment, trust in one another's institutions, and a spirit of cooperation stretching back decades. It is for these reasons, and because the future partnership between the UK and the EU is of such importance to both sides, that I am sure it can be agreed in the time period set out by the Treaty.

日本語訳:
我々は、条約で定められた、離脱に関する議論のための2年間という期限内に、このような包括的な合意に達することが困難であることを認識しています。しかし、EUからの離脱の条件と同時に、将来のパートナーシップの条件に合意する必要があると我々は信じています。我々はこれらの議論を独特な立場(規制についての緊密な連携、互いの機関に対する信頼、そして過去何十年にもわたる協力の精神)に立って開始します。このような理由から、そして英国とEUの将来のパートナーシップは双方にとって非常に重要であるため、条約が定める期間内に合意できると確信しています。

原文:
The task before us is momentous but it should not be beyond us. After all, the institutions and the leaders of the European Union have succeeded in bringing together a continent blighted by war into a union of peaceful nations, and supported the transition of dictatorships to democracy. Together, I know we are capable of reaching an agreement about the UK's rights and obligations as a departing member state, while establishing a deep and special partnership that contributes towards the prosperity, security and global power of our continent.

日本語訳:
我々の目の前の課題は重大ですが、それは我々が対処できないものではないはずです。結局のところ、欧州連合(EU)の機関および指導者達は、戦争によって荒廃した大陸を平和な国家集団にまとめることに成功し、独裁政治から民主主義への移行を支えました。私は、我々の大陸の繁栄、安全保障、グローバルなパワーに貢献する深く特別なパートナーシップを確立しながら、EUを離れる国家としての英国の権利と義務に関する合意に達することができることを理解しています。