読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレグジット(英国のEU離脱)発動文書の日本語訳(その1)

約2か月前(2017年3月29日)、イギリスのテリーザ・メイ首相が、欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を正式に通告しました。
通告の内容は、手紙として直接EU首脳に提出され、原文をインターネット上で閲覧することが可能です。

今回は、この離脱書簡の日本語訳をしてみました。
元の文書が長いので3回に分けて掲載予定です。
誤訳等があれば指摘いただけると助かります。


原文:
On 23 June last year, the people of the United Kingdom voted to leave the European Union. As I have said before, that decision was no rejection of the values we share as fellow Europeans. Nor was it an attempt to do harm to the European Union or any of the remaining member states. On the contrary, the United Kingdom wants the European Union to succeed and prosper. Instead, the referendum was a vote to restore, as we see it, our national self-determination. We are leaving the European Union, but we are not leaving Europe – and we want to remain committed partners and allies to our friends across the continent.

日本語訳:
昨年6月23日、英国民は欧州連合(EU)の離脱に賛成票を投じました。以前に述べたように、その決定は、我々がヨーロッパ人の同志として共有する価値観を否定するものではありませんでした。また、EUあるいはその加盟国に危害を及ぼすことを意図したものでもありません。そうではなく、英国はEUの成功と繁栄を望んでいます。むしろ、国民投票は、我々の見解では、自国の自己決定を再構築するための投票でした。我々はEUを離脱しようとしていますが、それはヨーロッパを離れるということではありません。そして、大陸の向こうの友人たちに対して、献身的なパートナーおよび同盟国であり続けたいと思っています。

原文:
Earlier this month, the United Kingdom Parliament confirmed the result of the referendum by voting with clear and convincing majorities in both of its Houses for the European Union (Notification of Withdrawal) Bill. The Bill was passed by Parliament on 13 March and it received Royal Assent from Her Majesty The Queen and became an Act of Parliament on 16 March.

日本語訳:
今月初め、英国議会は、EU(離脱通知)法案を明確かつ確証のある賛成多数で可決し、国民投票の結果を確認しました。法案は3月13日に国会で可決、その後女王陛下から国王裁可をいただき、3月16日に議会制定法となりました。

原文:
Today, therefore, I am writing to give effect to the democratic decision of the people of the United Kingdom. I hereby notify the European Council in accordance with Article 50(2) of the Treaty on European Union of the United Kingdom's intention to withdraw from the European Union. In addition, in accordance with the same Article 50(2) as applied by Article 106a of the Treaty Establishing the European Atomic Energy Community, I hereby notify the European Council of the United Kingdom's intention to withdraw from the European Atomic Energy Community. References in this letter to the European Union should therefore be taken to include a reference to the European Atomic Energy Community.

したがって、今日、私は英国民の決定を実行に移すべくこのレターを書いています。私はここに、EU条約第50条(2)に基づき、欧州理事会に対し、EU離脱の意向を通知します。また、欧州原子力共同体設立条約第106a条として適用される、同EU条約第50条(2)に基づき、欧州理事会に対し、欧州原子力共同体から離脱する意向を通知します。従って、本文書内でのEUへの言及事項は、欧州原子力共同体への言及を含んでいるものとして解釈していただきたいと思います。

原文:
This letter sets out the approach of Her Majesty's Government to the discussions we will have about the United Kingdom's departure from the European Union and about the deep and special partnership we hope to enjoy – as your closest friend and neighbour – with the European Union once we leave. We believe that these objectives are in the interests not only of the United Kingdom but of the European Union and the wider world too.

日本語訳:
このレターは、英国がEUから離脱することについての議論と、離脱後もあなた方の親友および隣人として、我々が享受したいと考えている深く特別なパートナーシップについての議論に対して、陛下の取り組み方を提示しています。私たちは、これらの目標は、英国だけでなくEUや世界全体の利益にもなると考えています。

原文:
It is in the best interests of both the United Kingdom and the European Union that we should use the forthcoming process to deliver these objectives in a fair and orderly manner, and with as little disruption as possible on each side. We want to make sure that Europe remains strong and prosperous and is capable of projecting its values, leading in the world, and defending itself from security threats. We want the United Kingdom, through a new deep and special partnership with a strong European Union, to play its full part in achieving these goals. We therefore believe it is necessary to agree the terms of our future partnership alongside those of our withdrawal from the European Union.

日本語訳:
公平かつ秩序ある方法で、かつ可能な限り両者に混乱のないように、これらの目標を達成すべく、今後のプロセスを進めていくことが、英国とEUの双方にとっての最善の利益です。我々は、ヨーロッパが必ずや強く繁栄し続け、その価値観を投影することができ、また、世界をリードし、安全保障上の脅威に対して自衛することができるようにしたいと考えています。私たちは、強力なEUとの新しく、そして深い特別なパートナーシップを通じて、これらの目標を達成するために英国が最大限その役割を果たすことを願っています。したがって、EUからの離脱の条件と同時に、将来のパートナーシップの条件に合意する必要があると我々は信じています。

原文:
The Government wants to approach our discussions with ambition, giving citizens and businesses in the United Kingdom and the European Union – and indeed from third countries around the world – as much certainty as possible, as early as possible.

日本語訳:
英国政府は、英国およびEUの市民・企業(そして世界中の第三国からの市民)のために、可能な限り確実に、そして可能な限り早期に、野心をもって議論に取り掛かることを望んでいます。

原文:
I would like to propose some principles that may help to shape our coming discussions, but before I do so, I should update you on the process we will be undertaking at home, in the United Kingdom.

日本語訳:
私は今後の議論を形作るのに役立ついくつかの原則を提案したいと思いますが、その前に、英国内で今後取り掛かる予定のプロセスについてアップデートしたほうが良いと思います。

原文:

The process in the United Kingdom

As I have announced already, the Government will bring forward legislation that will repeal the Act of Parliament – the European Communities Act 1972 – that gives effect to EU law in our country. This legislation will, wherever practical and appropriate, in effect convert the body of existing European Union law (the "acquis") into UK law. This means there will be certainty for UK citizens and for anybody from the European Union who does business in the United Kingdom. The Government will consult on how we design and implement this legislation, and we will publish a White Paper tomorrow. We also intend to bring forward several other pieces of legislation that address specific issues relating to our departure from the European Union, also with a view to ensuring continuity and certainty, in particular for businesses. We will of course continue to fulfil our responsibilities as a member state while we remain a member of the European Union, and the legislation we propose will not come into effect until we leave.

日本語訳:

英国のプロセス

すでに発表したように、英国政府は、EU法の効力を英国内に及ぼすことを規定している法律(1972年欧州共同体法)を廃止する法案を制定する予定です。この法律は、現実的かつ適切な場合には、現行のEU法(「acquis」)を英国法に実質的に変換します。これは、英国民および英国で事業を行うEUに所属する誰にとっても確実なことです。政府は、この法律の策定及び実施方法について協議し、明日白書を発表する予定です。我々はまた、とりわけ、企業の継続性と確実性を確保する観点からも、EUからの離脱に関連する特定の問題に取り組むための、その他のいくつかの立法案を提出する予定です。我々は、EU加盟期間中は、当然ながら加盟国としての責任を果たし続けます。我々が提案する法案は、我々がEUを離脱するまで効力を持つことはありません。

原文:
From the start and throughout the discussions, we will negotiate as one United Kingdom, taking due account of the specific interests of every nation and region of the UK as we do so. When it comes to the return of powers back to the United Kingdom, we will consult fully on which powers should reside in Westminster and which should be devolved to Scotland, Wales and Northern Ireland. But it is the expectation of the Government that the outcome of this process will be a significant increase in the decision-making power of each devolved administration.

日本語訳:
議論開始から、また議論を通して、我々は英国内のすべての国民と地域の具体的な利益を考慮して、一つの英国として交渉していきます。英国への権限復帰に際しては、どの権限がウェストミンスターにあるべきか、またスコットランドウェールズ北アイルランドに移譲されるべきかについて全面的に協議します。しかし、このプロセスの結果、移譲された各行政の意思決定力が大幅に増大することを、英国政府は期待しています。


今回はここまで。続きは次回掲載します。