複数通貨の管理が可能で為替レートを自動アップデートしてくれる家計簿アプリ

海外に住んでいると、現地通貨と日本で保管している日本円の少なくとも2つの通貨を管理する必要が出てきます。

普段は現地通貨しか使わないので、家計簿を付けようと思えば、現地通貨で入出金を記録していけばいいのですが、そうはいっても日本で自動引き落としされるものがあったり、一時帰国中には日本円を使用する機会も結構あるという人も多いと思います。

両方の通貨の入出金を管理するための家計簿アプリもいくつかあり、複数通貨に対応していますが、通貨の切り替え時に若干操作が面倒になったりするようです。
加えて、両方の通貨を合わせてのトータルでの残高を把握したい場合、通貨を換算する必要があり、為替レートも日々変動するため、より面倒になります。

そんなときにおすすめなのが、Walletというアプリです。


このアプリでは、世界中のおそらくほぼすべての通貨を登録することができ、ワンタッチで異なる通貨の入出金の入力画面を切り替えることが可能です。
為替レートも自動でアップデートされ、ホーム画面には、登録した全てのアカウントのトータルの残高が、アプリ使用開始時に基準通貨として登録した通貨に換算されて表示されるため、結局日本円(もしくは現地通貨)にすると全部でいくらあるのかが一目でわかります。

・通貨の選択画面(下記はアルファベット順で表示される最初の11通貨)
f:id:ryo-report:20170226185357j:plain

最初から結構マニアックな通貨が並んでます。

・通貨の選択でベトナムドン(VND)を選択したときの画面

f:id:ryo-report:20170226185516j:plain

基準通貨として設定した日本円への現時点での換算レートが自動的に表示されます。

・ホーム画面

f:id:ryo-report:20170226185651j:plain

日本円残高が100,000円、ベトナムドン残高が20,000,000VNDのとき、その時点でのレートで換算した基準通貨(上の画面では日本円)での総額198,582.63円が表示されています(1つ上の画像で表示されている為替レートとは異なります)。

欠点としては、
・最近の家計簿アプリに多い銀行口座などとの自動接続機能が、日本の金融機関に対応していないこと
・無料で使える範囲では、3つのアカウントしか登録できないため、現金や銀行口座などいろいろなアカウントに分けて多数のアカウントを管理するこができないこと
あたりでしょうか。

そこを差し引いても、なかなか便利なアプリだと思います。
海外在住の方で、複数の通貨を管理したい人にはおすすめです。


BudgetBakers Introduction - the best features in 60 seconds