読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナム産日本米

ベトナムは世界第5位の米の生産国で、米はもちろん、「フォー」や「ブン」など米粉の麺が主食です。

ユウキ フォー(ベトナムビーフン/平麺) 200g

ユウキ フォー(ベトナムビーフン/平麺) 200g

 


ですので、コメを買うのに苦労はしませんし、値段も20,000VND(約100円)~30,000VND(約150円)/kgと格安です。
ただし、コメの種類はタイ米などと同じ細長く粘り気があまりないインディカ米。
チャーハンなどにするには相性がいいですが、ご飯として食べるのであれば、
やはり日本人の僕としてはジャポニカ米が食べたくなります。

左が日本米(ジャポニカ米)、右がベトナム米(インディカ米)。

f:id:ryo-report:20161211175008j:plain


そんなときは、日本からわざわざ輸入されたお米を探すしかないのかと思いきや、実はベトナムでも日本のお米が安く簡単に手に入ります。
日本で採れた種もみ(お米の種)を使って、ベトナムで栽培されたジャポニカ米がスーパーで普通に売られているのです。

種もみの種類はコシヒカリ
値段は30,000(約150円)~40,000VND(約200円)/kgと、ベトナム米比べると少し高いですが、日本で買うのに比べると格安です。
味も、特別おいしいということはないですが、日本で食べる米と比べても遜色ないと思います。

最近は、日本人や日本食を食べるベトナム人が増えてきているのか、種類も豊富になってきたように思います。

たとえば、こちらはBao Minh社のお米。炊き方の説明が日本語とベトナム語の両方で書かれています。

f:id:ryo-report:20161211165149p:plain


こちらは、Phu Hai社のお米。5kgで160,000VND(約800円)。説明書きは英語とベトナム語です。

f:id:ryo-report:20161211165556p:plain


続いて、Trung Uong社。2kgで64,000VND(約320円)。
説明は全てベトナム語ですが、「新鮮なお米」「タンパク質が豊富で」「全く農薬ありません」だけ日本語が併記されています。

f:id:ryo-report:20161211170622p:plain


Thai Duong社は、2kgで75,000VND(約375円)、5kgで184,000VND(約920円)。
こちらも説明書きは全てベトナム語です。

f:id:ryo-report:20161211171359p:plain


こちらはAn Dinh社。5kgの他に1kgのコンパクトなパッケージもあります。
5kgが184,000VND(約920円)、1kgが41,000VND(約205円)。

f:id:ryo-report:20161211172028p:plain

f:id:ryo-report:20161211172059p:plain


いろいろ種類がありますが、個人的にはどれかがすごく美味しいとか不味いとかはないです。

ちなみに、ベトナムのお米のパッケージはこんな感じです。
このお米の値段は3.5kgで106,000VND(約530円)で、ベトナム米の中では比較的高めな方ですが、日本米と比べると安いです。

f:id:ryo-report:20161211172348p:plain


ただし、ベトナム米はカロリーは低い感じがします。
ベトナムの定食屋さんにいくと、たいていご飯が山盛りによそられるのですが、意外とそれほど満腹にならないのは、日本米に比べてカロリーが低いからだと思います。

実際に日本米とベトナム米を炊いた写真がこちら(左が日本米、右がベトナム米)。

f:id:ryo-report:20161211192407p:plain


ベトナムでも手軽に日本のお米が食べられるのはとてもありがたいです。