海外旅行に持っていくと便利なもの10個

今日は、僕がこれまで海外旅行に行ってきたなかで、これがあると便利というものをご紹介します。

1. Simフリースマホと現地Sim Card
最近は大都市の空港であれば、どこの空港でも3日間や1週間など、短期滞在者用の安価なSimカードが販売されていて、購入からSimカードの交換、設定までやってくれます。
通話なしデータのみの安価なSimカードなどもあります。
Simフリースマートフォンを持っていき、現地のSimカードを使用できると、その後の行動しやすさが大きく変わります。
地図が見られるので道に迷わずに済みますし、Air Bnbなどを利用する場合でも、ホストとの連絡に気をもむ必要がありません。
大体の空港のSim売り場の情報は、ネットで調べるとでてきますし、行き先によっては、下記のように日本で事前に購入することも可能です。


2. 事前にチェックしたWebページをスマホに保存


現地の旅行スポットの情報や地図、レストランの情報などなど、今の時代はネットでいろんな情報収集が可能です。
そうした情報を、スマホやPCに事前に保存しておけば、現地到着後に、移動中の電波のつながりにくい状況やホテルのWifiの速度が遅っかたりしたときでも、最低限必要な情報にアクセス可能です。
「あ~、あのページに詳しい情報が書いてあったのに」ということが防げます。
上の動画のようにEvernoteに保存することも可能ですし、WebページそのものをPCなどにそのまま保存することもできます。
Evernote Webクリッパー
WEBページの保存方法|情報システム課| 東京経済大学


3. 荷物固定用ベルト

バッグとめるベルト ネイビー 1008

バッグとめるベルト ネイビー 1008

 

スーツケースの持ち手の部分にハンドバッグなどを載せて固定させることができるベルト。
(基本的には)形やサイズを問わず固定できるので便利です。

f:id:ryo-report:20160814190715j:plain


4. 全身シャンプー

旅行用の小型のシャンプー、ボディソープなどいろいろありますが、特にこだわりがなければ、1本で済むので、全身シャンプーが一番楽です。

5. 全世界対応交換プラグ

交換プラグは必須です。全世界対応のものを1つ持っておくと、いちいち次の行き先のコンセントの形を考えなくていいので楽です。
携帯の充電などを考えるとUSBアダプターが付いているものが便利です。

6. 折りたたみバッグとデジタルスケール

行きは荷物がそんなに多くないので身軽に動きたいけど、帰りは買い物とかで荷物が増えそうなときは、小型の折りたたみバッグが重宝します。
丈夫ですが、軽いので、バッグそのものの重量を気にする必要はありませんし、使わなくて済んだとしても、場所も取らないので邪魔になりません。
荷物が増えてきて、飛行機の制限重量が気になったときには、携帯用デジタルスケールがあると、旅先でもおおよその重量がわかります。

MAQUINO ラゲッジチェッカープラス ホワイト (手荷物の重さを量る) 071365

MAQUINO ラゲッジチェッカープラス ホワイト (手荷物の重さを量る) 071365

 


7. IP電話アプリ

SkypeやLineなどが普及してきたとはいえ、固定電話に国際電話をする必要があるときもあります。
携帯電話会社の国際電話サービスを利用することもできますが、料金が高いです。
使用可能な国の制限はありますが、このアプリをつかえば、Wifiを利用して安価に海外から電話が可能です。
国際電話サービス | FUSION IP-Phone SMART

8. トランジット空港での通貨

f:id:ryo-report:20160814210850j:plain

トランジットで他国の空港を経由する場合、その国の通貨も少しあると、ちょっと飲み物や食べ物が欲しいときに、両替する手間が省けます。

9. 小分け洗剤

トップ NANOX(ナノックス) ワンパック

トップ NANOX(ナノックス) ワンパック

 

中長期の滞在で、ユースホステルAir Bnbなどを利用して、自分で洗濯もする予定の場合は、小分けの洗剤を買っておくといいです。
日本のようにそこらじゅうにコンビニがあって何もかもすぐに手に入るとは限らないので、持って行った方が早いです。

10. 小型Wifiルーター

最近はどこのホテルでもwifiが使えることがほとんどなので、あまり必要なくなってきてはいるのですが、ホテルによっては有線Lanしかないとこもあるので、1つ持っておくと安心です。


関連記事