読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナム航空特典航空券の申請方法

※2017年1月15日追記
下記の記事は内容が古くなったため、新しい記事をアップデートしました。
こちらをご覧ください。

先日、ベトナム航空の特典航空券の申請手続きを行い、無事チケットを手にしました。
日本への一時帰国や海外旅行などの際には、ベトナム航空を利用することが多く、だいぶマイルが貯まってきていて、一部もうすぐ失効してしまいそうになってしまっていたので、慌てて手続きを行いました。

申請手続きの方法ベトナム航空の日本語ウェブサイトで説明されているのですが、手続き全体の流れが少しわかりにくかったのでまとめてみることにしました。

申請方法のページでは、日本での申請方法の他にその他の地域/オンライン申請での申請方法が記載されています。
ただ、オンラインでの申請方法の場合でも結局ベトナム航空のオフィスに行く必要があるようなことが書かれていてオンラインで完結するのか不明です。
その点、日本での申請方法は、ベトナム航空の日本の支店に行く必要はなく、ベトナム航空ロータスマイル日本事務局に日本語でメール(もしくはFax)で申請を行い、最後までオンラインで完了するので楽です。

そこで今回はベトナム航空ロータスマイル日本事務局への特典航空券申請方法を説明します。
申請手続きの全体の流れは下記のとおりです。

1. 保有マイル数を確認
2. 行きたい都市への所要マイル数を確認
3. 日程がピークシーズンに該当するか確認
4. 特典申込書に必要事項を記入してメールで申請
5. 予約内容の確認
6. 発券諸経費の支払い
7. Eチケットの発券

それでは申請手続きの流れを1つずつ説明します。

1. 保有マイル数を確認
まずは、自分の保有マイル数を確認します。
ベトナム航空のマイレージ会員クラブ・ロータスマイルクラブのウェブサイトにログインし、アカウント→履歴照会→積算状況で、現在保有しているマイル数を確認できます。
一番下に、失効予定のマイル数と失効予定日も記載されているので、それも要チェックです。

2. 行きたい都市への所要マイル数を確認
自分が行きたい都市に現在の保有マイル数で行くことが可能か確認します。
ベトナム航空ウエブサイトに必要マイル数の一覧表(リンク下部)が掲載されています。
(下記の表は少し表の構成を若干修正して僕が作ったものですのであくまで参考です。)
記載されているマイル数は片道チケットに必要なマイル数です。

f:id:ryo-report:20160403220427p:plain


上記の表を見ると分かるように、現在(2016年1月15日~)、日本のレギュラーシーズン(あとで説明します)のエコノミーチケット(片道)は45,000マイルと非常に高くなっています。
ピークシーズンの必要マイル数50,000とほとんど変わらないのは、エコノミーのマイル数が高すぎるからですね。
数年前まで25,000マイルで交換可能だったようですのでほぼ2倍以上になっています。
ベトナム-韓国(30,000マイル)と比べても1.5倍、ベトナム-ヨーロッパ(45,000マイル)と同マイル数というのは距離と飛行時間を考えると明らかにおかしいです。
僕は今回、マイルの失効期限が迫っていたので、とりあえず日本-ハノイ便でとりましたが、ほかの地域と比べてあまりにも高いのでちょっと後悔してます。

上の表の各国の行き先(都市)の詳細は、下記の特典ゾーンの一覧表を参照してください。

f:id:ryo-report:20160403214457j:plain

3. 日程がピークシーズンに該当するか確認
上記の、各国への必要マイル数一覧表にレギュラー、ピークという記載があるように、ベトナム航空の特典航空券にはピークシーズンという繁忙期が設定されています。
ピークシーズンの必要マイル数はレギュラーシーズンの倍以上必要する地域もあるので注意が必要です。
ピークシーズン表で、自分が行きたい日程がピークシーズンに該当するか確認しましょう。


まずは国際線のピークシーズン表

f:id:ryo-report:20160403213544j:plain

f:id:ryo-report:20160403213623j:plain

f:id:ryo-report:20160403213655j:plain

続いてベトナム国内線のピークシーズン表

f:id:ryo-report:20160404011021j:plain


4. 特典申込書に必要事項を記入してメールで申請
特典航空券を申請する日程・便名が決まったら、ベトナム航空ウェブサイトの申請用紙リストから、特典申込書(Word形式)をダウンロードして必要な情報を入力します。
下のようなフォーマットです(下記は画像ファイルですので、申請の際はWord形式のファイルをダウンロードして入力してください)。

f:id:ryo-report:20160403214749j:plain


入力し終わったら印刷して署名。スキャンファイルを下記の事務局にメールで送ります。
プラチナ・ゴールド会員は出発の5営業日前まで、チタニウム・シルバー会員は出発の7日前までに提出が必要とのことです。

ベトナム航空ロータスマイル日本事務局
 TEL: 03-5157-7411
 FAX: 03-5157-7400
 Email: lotusmiles.tyo@vietnamairlines.com

ここで1つ注意点ですが、特典航空券には割り当て枠というものがあります。
つまり、マイル交換による特典航空券として割り当てられる座席数は各便毎に決まっていて、ベトナム航空のウェブサイトで希望の便に空席があったからといって、特典航空券の割り当て枠が残っているとは限らないのです。
申請後に、特典航空券の割り当て枠が残っていれば予約可能となりますが、残っていなければ再度、申請内容を変更する必要があります。
ですので、事前に希望する便の割り当て枠が残っているか事務局に確認しておくとベターです。

5. 予約内容の確認
申請した航空券の予約が完了したら事務局からメールで確認の連絡が来ます。
フライト、搭乗者名などに間違いがなければそのまま進めてもらうよう依頼します。

6. 発券諸経費の支払い
ベトナム航空特典航空券の発券諸経費(燃油サーチャージ、税金等)は別途銀行振込による支払いが必要です。
少しややこしいのが、為替レートの変更の関係で案内日当日着金の振込が必要なこと。
支払日については事前に相談可です。
支払日の午前中に連絡が来てその日のうちに送金するという流れになります。
日本からハノイまでのチケットの発券諸経費は5,000円弱でした。

7. Eチケットの発券
メールでE-Ticketレシートが送られてきます。
発券日より1年間有効で空席状況に応じ日程の変更も可とのこと(ルート変更は不可)。

※提携航空会社の特典航空券
今回はベトナム航空の特典航空券に交換する手続きを紹介しましたが、ベトナム航空はスカイチームという航空会社のアライアンスに所属していて、提携航空会社の特典航空券の申請も可能です。
基本的には上記と同様の手続きで日本事務局で申請可能なようです。
スカイチーム提携航空会社一覧
スカイチーム特典必要マイル数(「スカイチーム特典」をクリック)
スカイチーム特典ゾーン


長くなりましたが、以上がベトナム航空特典航空券の申請方法でした。
日本事務局に申請すると、申請手続きもそれほど面倒ではないので、特に失効しそうなマイルがある人は早めに申請されることをおすすめします。