シェレメーチエヴォ国際空港(ロシア)でトランジット

先日、ロシア・モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港Sheremetyevo International Airport(SVO))をトランジットで利用する機会があったのですが、この空港には2つの仮眠施設(?)があります。
1つは普通のトランジットホテルですが、もう1つがすごくユニークでした。

ターミナル内の搭乗口と搭乗口のあいだに、一見すると喫煙スペースのようなガラス張りの場所がいくつか設置されています。
f:id:ryo-report:20160214192423j:plain

よくよく見てみると、中には、ちょっとした布団や寝袋、新聞紙などが広げられていて、雑魚寝スペースになっています。
おそらくトランジット待ちのお客さん用の雑魚寝スペースなんだと思います。
僕はそこそこ海外旅行をしてる方なので、いろんな空港を見てきましたが、イスや床の上で寝るパターンはよく目にしますが、こういうスペースが用意されてる空港は初めて見ました。

中には、テント張ってる強者も。。
f:id:ryo-report:20160214192457j:plain

確かにこういうスペースがあるとイスや床よりだいぶ寝やすいと思うし、特に旅行中の学生だったらありがたいかも。
ちなみに空港内は全体的に暖房が効いているのでそれほど寒くはなかったです。

一方、トランジットホテルのほうは、Capsule Hotel "Vozdushny Express" Terminal Eというホテルで、ターミナルEの36搭乗口付近にあります。
f:id:ryo-report:20160214192007j:plain

今回僕はこっちを利用しました。
カプセルホテルと銘打っていますが、内装はビジネスホテルのような感じです。
f:id:ryo-report:20160214192242j:plain

温かいシャワーも問題なく使えました。

f:id:ryo-report:20160214192337j:plain

料金は時間制で最短4時間から。
一番安い部屋を1人で利用した場合、4時間だと3,090ルーブル(約6,180円)。6時間だと3,790ルーブル(約7,580円)。結構いい値段しますね。

f:id:ryo-report:20160214193048j:plain


次回立ち寄ることがあったら、寝袋持参で雑魚寝スペースをトライしてみようと思います。