読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルな英語を話すためのエッセンスが詰まった1冊

英語を話すときに大切なことは、中学生英語でいいからわかりやすくシンプルに伝えることだとよく言われます。
 
僕も学生時代にオーストラリアに1年間留学していて、特に最初の頃は言いたいことが全然言えなくて、それでも何かしゃべらざるを得ないので、単語と単語をつなげて、時には中学生以下の英語で気合でしゃべってました。

英語力そのものは一朝一夕では向上しませんでしたが、そのうち、だんだんと度胸といい意味でのあきらめがついてきます。
小難しい表現はいらない、中学生英語でいい、多少間違っててもいい、ジェスチャーでもいい、絵を描いたっていい、とにかく言いたいことの半分でも伝われば何でもいい、と思うようになります。
 
そうこうするうちに表現力が本当に少しずつ伸びてきて、シンプルな英語をうまく操れるようになってくるのですが、上達するために一番大事なのは、結局、「う~ん・・・これ何て言ったらいいんだろう」って思った場数です。
とはいえ、多くの人にとって、日常生活の中でそんな場数を踏む機会は限られています。
 
唐突ですがここで一つ問題です。
次の日本語を英語で何て言えばいいでしょうか?
「朝飯前だよ」
「飲み水ではありません」
「それの賞味期限は今日です」
 
ノンネイティブの僕たちが英語でコミュニケーションしていくには、こういうのが反射的に、ぱっとシンプルな英語で言えるかどうかが大事になってきますが、言うは易し、行うは難しです。
そして、そのコツをつかむのにおすすめの本が、以前このブログでも紹介した関先生の著書『世界一わかりやすい英作文の授業』です。

世界一わかりやすい英作文の授業―関先生が教える

世界一わかりやすい英作文の授業―関先生が教える

 


タイトルは英作文となっていますが、英会話にもかなり使えます。
 
ちなみに先程の表現は、この本の中に出てくるのですが、回答例は下記の通りです。
It is easy!
Do not drink.(新幹線の洗面所に実際に書いてあるらしいです。)
You have to eat it today.
 
どうだったでしょうか?
答えを聞くと、「あ~なるほど」となるけど、なかなか自分でぱっと思いつかないという人も多いと思います。
こうしたシンプルな表現は、学校の授業や参考書なんかでも、回答例として目にすることもありますし、英語を日々使う環境にあれば、ある程度自然と身に付いてきます。
ただ、「どう考えればその回答にたどり着くことができるか」についてはなかなか教えてもらえないし、自分でできるようになったとしても、どういう思考回路でそこまでたどり着いたかまでは自分でもわからないことが多いので、人にアドバイスするときも回答例しか出せません。
 
『世界一わかりやすい英作文の授業』には、「「シンプルに」とは言うけれど、じゃあどうしたらいいの?」という問いに対する明確な答えが具体的に説明されています。
 
詳しい解説は本に譲りますが、たとえば、
・メッセージが伝われば合格!!
・子供に説明してみる
・「事実」と「気持ち」をうまく入れ替えてみる
・人主語にしてみる
・「ある」は、There is~よりhaveのほうが自然
・立て続けに質問すると通じやすい
・「優しさ」はkindnessではなく"how kind"
など、どうすれば平易な英語で表現できるかについてのエッセンスが満載です。
もちろんこうしたテクニックを意識した上での訓練は欠かせませんが、ひたすら場数をこなすのに比べたら間違いなくショートカットできるはずです。

他にも、
・「よろしく」「空気読めよ!」「あの件どうなってる?」みたいな日本語的な言い回しを何て言えばいいか
・「みんな携帯持ってるよ」を「All people have cell phones.」と言うと誤解を招いてしまう理由
・「try」と「challenge」など似たもの単語の使い分け
・「The sun rises in the east.」は、なぜ「from」ではなく「in」なのか
などなど、多くの人が迷ってしまうこと、よくやってしまうミスを、ときにはネイティブと日本人の発想の違い、文化の違いについても触れながら、丁寧に解説してくれています。
 
わかりやすいのはもちろん、文体やレイアウトも工夫されていて、すいすいページをめくれるので2時間くらいでさくっと読めます。
たくさんある関先生の著書の中でも、特におすすめの一冊なので興味のある方は是非読んでみてください。
 
関連記事