「そのモニターどこで買ったの?」

f:id:ryo-report:20151206224616j:plain

以前、マレーシアで「その靴どこで買ったの?」と聞かれた

(ちょっとだけ怖い思いをした)話をアップしましたが、
「その〇〇どこで買ったの?」シリーズ第2弾。 

今回はPCのモニターです(怖い話ではないです)。
僕が使っているのは、Asusの持ち運び可能なタイプのモニターです。

先日、ハノイのスタバにこもって仕事をしていたら、
30代半ばくらいのの男性2人に話しかけられました。
 
「Where did you buy this monitor?」
 
確かにカフェで2画面広げて仕事してる人なんてそうそういないから
目立つんだろうなと思いながら、
「日本だよ。なんで?」と答えました。


ベトナムでは販売されてないんだ」
「この画面はこういう加工がしてあって」
とか、やけに詳しいなと思ったら、
Asusの本社からベトナムに赴任している台湾人でした。
普段はホーチミンにいて、出張でハノイに来ているとのこと。
 
「なんでベトナムで売らないの?」と聞いたら、
需要があまりない割に価格も高めだから販売代理店が取り扱わないんだとか。
なるほど。確かにこういうちょっとマニアックなものって、

ベトナムでは買えないんだよね。。
 
モニターといえば据付式のものが主流ですが、
モニターを使うのに慣れてしまうと、

モニターがないと不便に感じるときも出てきて、

オフィスにいるときはいいけど、家にも1台、会議室にも1台、、、

ってそんなに買うのもちょっと。。
 
その点、このAsusのモニターは、
薄くて(8mm)軽い(798g)し、USBケーブルで接続可能。

電源もUSBケーブルから供給される(アダプター不要)から手軽に使えます。
付属の専用ケースが付いていて、このケースがスタンドにもなります。

f:id:ryo-report:20151129140840j:plain

 
僕が使っている機種(MB168B)の他に上位機種(MB168B+)や、

ニューモデル(MB169B+)も登場していますが、
個人的には、通常使用する分には今の機種で十分です。

デメリットとしては、画面の大きさが15.6インチ(横34.5cm、縦19.4cm)と、

モニターとしては小さめなので、
大画面モニターが必要な人には不向きということと、
ケースをスタンドにすると、奥行が少し場所をとるということくらいでしょうか。

(別売りのコンパクトなスタンドを使用することも可能です。)
 
値段もびっくりするほど高くなくて使いやすいのでおすすめです。