英語リスニングの勉強法

予備校時代に英語のリスニングの勉強方法を試行錯誤していて、「同じ音源を200回聞きなさい」と言われました。
ただ受験生時代は身が入らずやっていなくて、結局大学進学後、留学前のTOEFL iBTの対策をしていたときに、トライしてみました。
 
当時聞いていたのは、Z会の『速読英単語上級編』。
200回はなかなか聞けなかったけど、1ヶ月で最初の20章を50回ずつくらい聞いてみたら、速単の今まで聞いていなかった章や、他のTOEFL問題集のリスニング問題を聞いたときに、聞き取れる範囲が少し増えてきて、確実に耳が変わってきたのが実感できました。  

速読英単語2上級編[改訂第4版]

速読英単語2上級編[改訂第4版]

 
速読英単語2上級編CD[改訂第4版]対応

速読英単語2上級編CD[改訂第4版]対応

 


コツは最初から(もしくは何も見ずに1度聞いてみてわからなかったらすぐに)、テキストを見てしまうこと。
こうすることでだいぶ負担が減ります。
もし余裕があれば、シャドーイングや音読をしてみるのもいいかも。

よく最初の数回はテキストを見ずに何とか聞けるところまで頑張って聞いてみてとか言うけど、僕はあきらめて最初からスクリプトを見て、聞いてました。
もちろん最初何も見ずに聞くのを続けられたらそれが理想かもしれないけど、大事なことは完璧じゃなくても勉強を続けること、そして聞けるようになること。
 
僕は性格的に極端なところがあるので、すぐ、0か100か、やるかやらないかみたいな二者択一で自分の首を絞めることがあるんですが、0と100の間にどんな方法があるのかを考えることが大事。
少なくとも僕はがんばって聞いても結局わからないし続けられませんでした。
 
同じスクリプトをとにかく繰り返し聞きまくる。
おすすめなので、英語のリスニングの勉強で困っていたら是非一度試してみてください!