株式型クラウドファンディングで中小企業を応援する

少し前のニュースだけど、
改正金融商品取引法によって、
2015年5月から株式型クラウドファンディングが可能になりました。
どういうことかというと、株式上場していない(できてない)中小企業が
不特定多数の個人から資金を集めることできるようになったということ。

(1人の投資家が1つの企業に投資できる金額  50万円以下)

資金を集める企業側が1年間に募集できる資金 1億円未満)

そして僕自身は、投資家側からの視点として、
より直接的に会社を応援できるという点に注目しています。
 
クラウドファンディングっていうと、
クラウド」ってPCのデータとかで使うクラウドと関係あるの?

って思うんだけど、
クラウドコンピューティングクラウドはCloud(=雲)。
クラウドファンディングクラウドはCrowd(=群集)で、
群集(多数の資金提供者)からファンディング(お金を集める)という意味。
 
クラウドファンディングは、日本ではまだそんなに有名ではないけど、

非投資型の寄付型と購入型が知られている。
新しいこんな面白いゲームを開発するので支援してくださいとか、
被災地や途上国の支援にこれだけのお金が必要ですので、

皆さん寄付してくださいとか。
非投資型は見返りがないか、

あるいは、たとえばリンゴ農家を支援するとリンゴが送られてくるとか、
そういうかたちでの支援で、投資ではない。
 
一方、今回新たに始まるのは、投資型の株式型クラウドファンディング
これは株式投資というかたちで、未上場の会社に投資するというもの。
もちろん、成長過程にある企業への投資だから、

なかなかすぐに利益を得るのは難しいし、返金の保証もない。
そもそもIPOM&Aなどがない限り株式を売買する機会がないし、

配当だって払ってる余裕もない。
高いリスクに注意喚起する声もあるけど、
逆に言えば、腰をすえた投資として、短期での利益を追うのではなく、

長い目線でその会社を応援することができるとも言える。
そして、もしかしてもしかすると、その企業がすごく成長して、
結構な配当やキャピタルゲインが得られるかもしれないという夢もある。
 
投資の目的として、利益はもちろん欲しいし大事だけれども、
自分の好きな商品やサービスを提供している企業を応援したい、

必要なところにお金を回したいという思いもある。
でも実際には、既に上場されている株式を購入しても、

その会社に新たにお金が入るわけではない。
もちろん株価の上昇によって資金調達が容易になったり、
株式交換といったオプションが可能になったりするんだろうけど、
株式を売買していても、

今ひとつ応援している実感が沸きにくいというのが正直なところだった。
 
その意味で、今回の株式型クラウドファンディングは、
投資したお金がそのまま直接企業の役に立つということで、

応援しているという実感を持ちやすいと思う。
もちろん、事業者側としても、これまで基本的に認められていなかった、
不特定多数の人に対して、広く未公開株への出資を呼び掛けることが可能となって、資金調達の選択肢が増える。
 
決して回し者ではないけど、

今のところ株式型クラウドファンディングのサービスを提供しているのは、
Crowd Equity(日本クラウド証券)だけみたい。

今は海外にいるので僕自身は投資できないけれど、

帰国したら是非やってみたいと思うし、
政治ではなかなか迅速に再分配できないお金を個々人の力で回して、

社会を活性化できたらいいなと思います。