読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレグジット(英国のEU離脱)発動文書の日本語訳(その2)

前回に続き、今回もイギリスのEU離脱文書の日本語訳の続きです。

原文:

Negotiations between the United Kingdom and the European Union

The United Kingdom wants to agree with the European Union a deep and special partnership that takes in both economic and security cooperation. To achieve this, we believe it is necessary to agree the terms of our future partnership alongside those of our withdrawal from the EU.

日本語訳:

英国とEU間の交渉

英国は、経済面および安全保障面の両面における協力を取り入れる深く特別なパートナーシップをEUと合意することを望んでいます。 これを達成するためには、EUからの離脱の条件と共に、将来のパートナーシップの条件について合意する必要があると考えます。

原文:
If, however, we leave the European Union without an agreement the default position is that we would have to trade on World Trade Organisation terms. In security terms a failure to reach agreement would mean our cooperation in the fight against crime and terrorism would be weakened. In this kind of scenario, both the United Kingdom and the European Union would of course cope with the change, but it is not the outcome that either side should seek. We must therefore work hard to avoid that outcome.

しかし、合意なしにEUを離れる場合、我々の基本姿勢は、世界貿易機関WTO)の取引条件で取引する必要があるということです。安全保障面では、合意に達することができなければ、犯罪とテロとの戦いに対する我々の協力関係が弱まると考えられます。 このようなシナリオにおいては、英国とEUの双方が、その変化に対処することになりますが、しかしそれは、いずれの側も求めるべき結果ではありません。したがって我々は、そのようにならないよう努力しなければなりません。

原文:
It is for these reasons that we want to be able to agree a deep and special partnership, taking in both economic and security cooperation, but it is also because we want to play our part in making sure that Europe remains strong and prosperous and able to lead in the world, projecting its values and defending itself from security threats. And we want the United Kingdom to play its full part in realising that vision for our continent.

日本語訳:
我々が、経済面と安全保障面の両面における協力を取り入れた深く特別なパートナーシップに同意できるようにしたいと考えているのは、そうした理由からなのです。しかしそれは、欧州が強く繁栄し、世界をリードすることができ、その価値観を投影し、安全保障上の脅威から自衛することができるよう、英国も我々の役割を果たしたいと考えているからでもあります。そして、我々の大陸についてのそのビジョンを実現するために、英国が最大限その役割を果たすことを我々は願っています。

原文:

Proposed principles for our discussions

Looking ahead to the discussions which we will soon begin, I would like to suggest some principles that we might agree to help make sure that the process is as smooth and successful as possible.

日本語訳:

議論の原則

我々がまもなく開始する議論を見据え、私はいくつかの原則を提案したいと思います。我々は、議論のプロセスができるだけ円滑にそして良い結果となることを確実にするのに、これらの原則が役立つということが同意できるかもしれません。

原文:

i. We should engage with one another constructively and respectfully, in a spirit of sincere cooperation

Since I became Prime Minister of the United Kingdom I have listened carefully to you, to my fellow EU Heads of Government and the Presidents of the European Commission and Parliament. That is why the United Kingdom does not seek membership of the single market: we understand and respect your position that the four freedoms of the single market are indivisible and there can be no "cherry picking". We also understand that there will be consequences for the UK of leaving the EU: we know that we will lose influence over the rules that affect the European economy. We also know that UK companies will, as they trade within the EU, have to align with rules agreed by institutions of which we are no longer a part – just as UK companies do in other overseas markets.

日本語訳:

i. 我々は、誠実な協力の精神をもって、建設的かつ敬意をもってお互いに接するべきである。

私は英国首相になって以来、仲間のEU首脳、欧州委員会および議会の議長に耳を傾けてきました。それは英国が単一市場のメンバーであることを求めていない理由です。単一市場の4つ(訳者追記:ヒト、モノ、サービス、資本)の移動の自由は分割できるものではなく、「いいとこどり」はできない、というあなた方の立場を理解し、尊重します。英国がEUを離れることによる結果についても理解しています。欧州経済に影響を与えるルールについて影響力を失うことを知っていますし、また、英国の企業は、EU内で取引を行うときには、英国の企業が他の海外市場で行っているように、我々がもはや参加していない機関によって合意された規則に従わなければならないことも知っています。

原文:

ii. We should always put our citizens first

There is obvious complexity in the discussions we are about to undertake, but we should remember that at the heart of our talks are the interests of all our citizens. There are, for example, many citizens of the remaining member states living in the United Kingdom, and UK citizens living elsewhere in the European Union, and we should aim to strike an early agreement about their rights.

日本語訳:

ii. 我々は常に市民第一であるべきである

私たちが取りかかろうとしている議論には明確な複雑さがありますが、私たちの話し合いの中心にあるのは、すべての市民の利益であることを覚えておく必要があります。例えば、英国に住む残りの加盟国の多くの市民、および欧州連合の他の地域に住む英国の市民がいます。彼らの権利についての早期合意を打ち出すことを目指すべきです。

原文:

iii. We should work towards securing a comprehensive agreement

We want to agree a deep and special partnership between the UK and the EU, taking in both economic and security cooperation. We will need to discuss how we determine a fair settlement of the UK's rights and obligations as a departing member state, in accordance with the law and in the spirit of the United Kingdom's continuing partnership with the EU. But we believe it is necessary to agree the terms of our future partnership alongside those of our withdrawal from the EU.

日本語訳:

iii. 我々は、包括的な合意を確保するために努力すべきである

英国は、経済面および安全保障面の両面における協力を取り入れる深く特別なパートナーシップをEUと合意することを望んでいます。法律および英国のEUとの継続的なパートナーシップの精神に従った、離脱国としての英国の権利と義務について、公正な解決策をどのように決定するか議論する必要が出てくるでしょう。しかし、EUからの離脱の条件と共に、将来のパートナーシップの条件について合意する必要があると、我々は考えています。

原文:

iv. We should work together to minimise disruption and give as much certainty as possible

Investors, businesses and citizens in both the UK and across the remaining 27 member states – and those from third countries around the world – want to be able to plan. In order to avoid any cliff-edge as we move from our current relationship to our future partnership, people and businesses in both the UK and the EU would benefit from implementation periods to adjust in a smooth and orderly way to new arrangements. It would help both sides to minimise unnecessary disruption if we agree this principle early in the process.

日本語訳:

iv. 我々は、混乱を最小限に抑え、確実性を最大限にするために協力するべきである

英国および残りの27の加盟国、そして世界第3国からの投資家、企業、市民は、計画を立てることができることを望んでいます。現在の関係から将来のパートナーシップへの移行する際に、崖っ端を避けるために、英国およびEUの人々や企業は、円滑で秩序ある方法で新しい取り決めに適応する移行期間によって恩恵を受けるでしょう。 この原則に早い段階で合意すれば、双方が不必要な混乱を最小限に抑えるのに役立つでしょう。


今回はここまで。続きは次回掲載します。